歯周病による口臭

自覚のない歯周病が口臭の原因になってしまう?!

歯周病の人

 

 

口臭の原因はさまざまですが、自覚のない歯周病が原因のこともよくあります。

 

 

自覚がないということはおそらく間違った口臭対策をしていて
いつまでも口臭がなくならないという状態であったり、
もしくは本人に自覚のないまま周囲に口臭を
撒き散らしているということもあります。

 

 

歯周病は虫歯と違って見た目ですぐにわからない場合もあります。

 

痛みなどを感じることにはかなり歯周病が進んでいることから、
痛みのない状態では自覚症状がないまま気づかずに
歯周病から口臭が発生していることもあります。

 

 

通常の口臭とは違った匂いですがなかなか本人にも
匂いの違いでわかることは少ない場合も多くあります。

 

 

そういった歯周病による口臭はまず、その歯周病を治すことが重要です。

 

 

歯科医でしっかりと歯周病を治療し、その後は再発しないように
しっかりと予防しなければなりません。

 

 

歯周病の予防は虫歯と同様にしっかりとした毎日の歯磨きが効果的で、
自覚して歯茎の状態まで点検する必要があります。

 

 

意識してオーラルケアをしないと知らないうちに自覚の
ないまま歯周病が進行してしまうこともあります。

 

 

歯磨きをした後もまだ何かにおう、食べ物の匂いや歯垢の
匂いとは違うと感じたら歯周病が原因の口臭を疑ってみてもいいかもしれません。

 

できるだけその段階で何かしらの対策、治療を
行うという事が何より大事です!